され妻さん向け

【裁判に勝つ!】浮気の証拠で有利になるもの・ならないものを紹介

つきこ
つきこ
こんにちは、され妻つきこ(@saredumatsukiko)です♪

今回は、浮気の慰謝料を裁判で勝ち取るため、必要な証拠について書いていきます!

浮気の慰謝料は、できるだけ多く取りたいですよね!

私は、浮気相手に150万円を請求しました。

もっと貰っても良かったのですが、いざとなれば夫からも取れるので、少し甘めに設定しておきました。

そして、裁判で勝つために必要な証拠は

  • 肉体関係があったと分かるもの
  • 浮気を認めた音声の録音や動画
  • 改ざんが疑われない、違法でないもの

この3つがポイントです!

これら3つのポイントについて
詳しく見ていきましょう♪

1、浮気の証拠として裁判で「有利になるもの」

浮気の証拠として裁判で有利になる基準は、「肉体関係があったかどうか」です!

肉体関係とは性行為のことで、それがあったと推測できる証拠が必要になります。

厳しいですが、キスや胸を触るなどは、基本的に決定的な証拠とはなりにくいです・・・。

でも、裁判では有利になりにくいものの、夫に浮気を認めさせる証拠となります!

夫に浮気を認めさせた場合も裁判で有利になるので、これについては4つ目に詳しくご説明します♪

1-1.写真・動画

写真や動画なら

  • 2人でラブホに入る瞬間の写真や動画
  • ベッドやホテル内で撮った、性行為があったとされる写真や動画

などが、決定的な証拠となります!

私自身、初めて浮気を見つけたのは、LINEのトーク画面にあるたくさんの写真アルバムでした。

これら決定的な証拠となる写真や動画を取るには、張り込み&尾行で、ラブホテルに入る瞬間や二人でいるところを激写する手段がおすすめです♪

1-2.レシート・明細

ラブホテルのレシートや領収書・クレジットカードなどの明細があれば、裁判でとっても有利です♪

ただし、一般的なホテルやビジネスホテル等だと、「別室に泊まった」などと言い逃れされて、決定的な証拠とはならない場合もあります・・・。

でも、少しでも有利になりそうなものがあれば数を集めて、証拠をさらに決定的にできるので、残しておくといいですね!

1-3.メール・SNS

メールやLINE・Instagramなどの場合も、肉体関係があったと推測できる文面が必要です!

例えば、「ホテルの予約ありがとう!」「この前の旅行面白かったね!」などの、二人でホテルに泊まることが明らかなやりとりは、有利になりやすいです♪

でも、同室で泊まっていることが分かる文面でないと、残念ながら有利にはなりにくい傾向があります・・・。

1-4.夫が浮気を認めた音声の録音や動画

裁判では有利になりにくい証拠でも、それらを使って夫に浮気を認めさせれば、その音声の録音や動画が決定的な証拠となります!

私自身は、夫が浮気相手と二人でいるところに突入して、決定的な証拠を得た上に浮気も認めさせて、確実な勝利を収めました♪

認めさせるときは、ボイスレコーダーで録音したり動画で撮影しながら話すことを、忘れないよう注意してくださいね!

1-5.興信所や探偵事務所の調査報告書

自分で浮気の証拠を探すのではなく、興信所や探偵事務所に依頼するのであれば、調査報告書も裁判でとっても有利になります♪

また、興信所や探偵事務所の方は数々の浮気問題に関わっているので、その後の手順やどこをどうすればいいかなど、細かく教えてくれます!

なので、「自分で探しても決定的な証拠を得られないかも・・・」と不安な方には、証拠を得やすい興信所や探偵事務所がおすすめですよ。

価格は相場で言うと、30万円~100万円です。

中には、20万円台と低価格でも、良心的な調査をしてくれるところもあります。

ただ、雑な調査で、証拠を見つけられなくても料金を請求する業者には注意です!

また、証拠を見つけて初めて料金が発生する、「成功報酬型」の料金プランを提供している探偵もあるので、「証拠を手に入れられず、お金だけ取られたらどうしよう・・・」と不安をお持ちの方でも安心できますよ♪

2、浮気の証拠として裁判で「有利にならないもの」

・改ざんが疑われるもの

・違法なもの

これらは、基本的に浮気の証拠として有利になりません。

特に、自分で証拠を探す場合は、改ざんと疑われないような合法な手段での証拠集めが大事です!

2-1.改ざんが疑われるもの

最近では、画像の加工も容易にできるため、加工しても作れる証拠は有利にならない場合があります。

特に、SNSやメールの文面は自作自演できるので、疑われやすいです。

なので、例えばLINEのトークを保存する場合、アカウント名など本人のものだとしっかり証明できるように、開くところから動画に映しておくなどの対策が大事になります!

2-2.違法なもの

盗聴や盗撮・GPS装置・浮気調査アプリなどは違法なため、裁判では有利になりにくいです。

特に、GPS装置や浮気調査アプリには注意です!

GPSで位置情報を取った証拠を提示したり、浮気調査アプリで写真をゲットしたことを裁判で言えば、たとえ有利な証拠でも有利ではなくなってしまいます・・・。

また、違法な手段であることがバレると、逆に賠償金を請求される可能性もあるので気をつけてくださいね!

3、まとめ

浮気の裁判で決定的な証拠となるのは、

  • 「肉体関係があったと分かる」写真や動画・文面など
  • 夫が浮気を認めた音声の録音・動画
  • 興信所や探偵事務所による調査報告書

この3つです!

逆に、浮気の証拠としては十分でも、「改ざんが疑われるもの」「違法なもの」は有利にならなくなってしまうので、注意してくださいね♪